美術品美術品激安の販売店、ネットショップをお探しの方はこちら!

美術品美術品激安の販売店、ネットショップをお探しの方はこちら!

 

美術品美術品激安の販売店、ネットショップをお探しの方はこちら!

美術品美術品激安の販売店、ネットショップをお探しの方はこちら!
こんにちは♪
あなたがたった今、お探しになっている商品、店舗情報を簡単に各社の美術品を比較する事が可能な「otameshi」の総合案内サイトです。
いざという時、急な時、頼りになる存在と好評です。
各大手ショッピングサイトの情報も素早く検索できるので比較購入可能なサイトです。
是非活用していただいて少しでもお役に立てればと思います。

 

Q

美術品・骨董品の贈与税について教えて下さい。

 

某テレビ番組で美術品・骨董品の鑑定をしていますね。
依頼者は
「2年前に父から貰ったけど偽物だと思ってる」
と言う方も多いですが、そ の鑑定額が300万円とか1,000万円という結果になった場合、税務署から贈与税を課されたりするでしょうか?

 

素朴な疑問ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

A

よほど著名なものや体系立って収集したものでない限り、美術品・骨董品なんて自己申告の世界ですよ。

 

たとえばお父さんが100万円で壺でも買ったとします。
でもそれをきちんとした専門家に鑑定してもらうと、10万円にすぎないかもしれませんし、1000万円に化けるかもしれません。
税務署はいちいち鑑定家を呼んだりはしません。
壺を買った時の領収証でも残っていれば取得原価は分かりますが、それはモノの価値を保証するものではありません。

 

そもそも動産を贈与したところで、まず税務署はその贈与を把握しようがありません。
まあ鑑定団みたいにテレビでテレビで大々的に評価されちゃったら税務署も目を付けるかもしれません。

 

ニュース

<画家ベーコン>油絵が72億円で落札

 英競売大手クリスティーズが13日にロンドンで行ったオークションで、英国の画家フランシス・ベーコン(1909?92年)の油絵「話すジョージ・ダイアーの肖像」が約4219万ポンド(約72億円)で落札された。同社の欧州での落札価格としては過去最高。AFP通信などが報じた。

 

 ベーコンの最盛期とされる1966年のこの作品は、椅子に座った恋人を描いたもの。入札予想価格は2800万ポンド(約47億円)だったが、匿名の電話入札者が競り落とした。

 

 ベーコンの作品は抑圧された人間をゆがんだ身体や表情として表現し、高い人気を誇る。昨年11月に米ニューヨークで開かれたオークションでは、「ルシアン・フロイドの3習作」が美術品としては史上最高の1億4200万ドル(約146億円)で落札された。

 

【ゴッラ golla】【ポイント10倍】【レビューでメール便送料無料】【golla】北欧フィンランド発。 iPhone や スマートフォン をスタイルに合わせた様々な持ち運びが出来るデザイン。携帯ケースと言う名の美術品...【ゴッラ golla】【ポイント10倍】【レビューでメール便送料無料】【golla】北欧フィンランド発。 iPhone や スマートフォン をスタイルに合わせた様々な持ち運びが出来るデザイン。携帯ケースと言う名の美術品...

iPhone、スマートフォン に最適!カラビナ、ネックストラップ、ベルトループ付きで、スタイルに合わせたさまざまな持ち運び方が可能。
1980円


ホーム RSS購読 サイトマップ
50音 ショッピング トライアル ダイエット 医薬品 電子コミック